シロアリ駆除はプロへSOS~アリえない被害食い止めます~

シロアリが活発な時期

シロアリ駆除の主な工法

The person who wore a mask

シロアリは4月下旬から暑さのピークとなる8月頃に活動が活発になります。日本のシロアリの大半は湿った木材や土中で発生します。住宅では風呂場、台所、洗面所、トイレなど湿気の多い水まわりに被害が出ることが多く、シロアリ駆除の対策が必要となります。シロアリ駆除業者によって行われる一般的な駆除方法にバリア工法とベイド工法というものがあります。バリア工法とは、薬剤散布によって駆除・防除を行う方法です。この方法は最も一般的なものです。床下に直接薬剤を直接散布するため即効性があります。次にベイド工法とは、家の周囲に薬剤の入ったシロアリの餌を埋め込み、その薬剤を持ち帰ったシロアリの巣ごと駆除する工法です。薬剤を家に散布することに抵抗のある方にお勧めです。

専門業者利用のすすめ

ホームセンターや薬局の殺虫剤コーナーでもシロアリ駆除剤は販売されており、2千円〜3千円で購入することができます。セルフ駆除もできますが、市販の殺虫剤が必ずしも有効でないことがあるので注意が必要です。殺虫剤としてシロアリを殺すことはできますが、シロアリ被害は1匹の駆除で解決するものでなく、群れて巣を作ってしまうことで大きな被害になっていくものです。根本的な問題の解決にはシロアリ駆除業者の利用がお勧めです。シロアリ被害が進行してしまうと大規模なリフォームや補修が必要となってしまう場合があります。柱が脆くなり、水害や地震へのリスクが高まる可能性もあります。シロアリ被害を発見した場合は適切な業者を利用し早めの対策をとることが必要です。