シロアリ駆除はプロへSOS~アリえない被害食い止めます~

シロアリが活発な時期

The person who wore a mask

シロアリは、暑さのピークが来る8月が一番活発に働きます。木材や土中の中で多く発生し、住宅の風呂場や台所、トイレなどの湿気の多い場所で被害がよく見られます。駆除する際は、専門業者へ依頼しましょう。

Read More

対策を考える

The person who wore a mask

シロアリは大切な住宅を、キケンに犯してしまう恐れがあります。住宅を守るためには、しっかり駆除する必要があります。専門業者へ駆除依頼をすると、住宅を守ることが出来ます。

Read More

都会を荒らす害獣

害獣による色々な被害

The man who put on blue clothes

ここ最近、都会の住宅街で害獣による被害が増えています。そもそも害獣とは、一般的に人間に害をもたらす哺乳類動物のことを言います。具体的な害獣としては、イタチ、イノシシ、熊、ハクビシン、アライグマ、タヌキなどが挙げられます。これらの害獣が家屋に侵入すると、さまざまな被害が生じます。たとえば、害獣は食中毒や感染症をもたらす細菌を大量に持っています。これらの菌が体内に入り込むと、食中毒や人命に関わる病気になることもあります。その他の被害として、ダニ・ノミに咬まれることがあげられます。害獣には、たくさんのダニが寄生しています。特に女性や小さな子どもは刺されやすく、激しいかゆみに苛まれます。また、アトピーやぜんそく等を引き起こす可能性もあります。なので、早急に害獣駆除を行なう必要があります。

害獣駆除業者を選ぶポイント

害獣駆除を業者に依頼するときには、注意点があります。それは、害獣の駆除だけでなく、二次被害の対策も行ってくれるところを選ぶことです。害獣は、天井裏や床下に糞を大量にします。害獣がいなくなっても、清掃する人がいないと糞が残ったままになります。その糞を放置したまま置いておくと、天井裏には雑菌やダニやノミが発生してしまいます。せっかく害獣駆除を行ったのに、不衛生な環境が持続すると意味がありません。なので、それらの清掃、消毒まで責任を持って行ってくれるところを選ぶことが大事です。害獣に侵入されると、害獣駆除が済んでも獣臭さが残ります。なので、殺菌の消毒剤をナノレベルで噴霧してくれるところを選ぶと良いです。

プロにお任せする

The person who wore a mask

シロアリ対策を行なう際には、ネットで業者を探してみましょう。無料で査定や見積もりを行なってくれるので、業者も選びやすくなります。対策する際には、リフォームを一緒にやるのも人気の対策法です。

Read More